緩み止めナットには、再使用可能回数がある。緩み止めナットの選び方。

 

ネジの緩みに困ってませんか?

車やバイクなど、振動が多く発生するものは、振動でネジが緩みやすいので注意が必要なんです。緩まないネジはありませんからね。

 

coro-suke
緩みの対策としては、緩み止め機能の付いたナットを使うのが、一般的な方法です。

 

なので、車やバイクにも、結構な数の緩み止め機能の付いたナットが、使用されているわけです。

さらに、それらのナットにも、色々な種類があって、緩み止め効果の強さ耐熱温度耐油性などで使い分けがされています。

一概に、緩み止めのナットと言っても、それぞれに特徴があるのです。

この記事では、緩み止めナットの特徴を知って、適材適所で使い分けられるようにしていきたいと思います。

 

緩み止め機能付きナットを使う上での注意点

 

はじめに、緩み止めナットの使用上の注意点を書いておきます。それは、寿命があるという事です。

物なので、寿命があるのは当然ですが、緩み止めナットの場合は、繰り返し使用できる回数が決まっているのです。

 

もし、あなたが、バイクの一部を分解するためにナットを外したとします。再度、組み立てる時には、そのナットは、再利用しますよね。

普通のナットだったら、それで問題ありません。ただ、それが、緩み止め機能付きのナットなら注意が必要です。

そのナット、取り外すの何回目ですか?

緩み止め加工をされたナットの中には、再利用できなかったり、緩み止めの機能が低下したりするものがあるからです。

基本的に緩み止め機能のついたナットは、金属や樹脂をボルトのネジ部に押し当てる事で、ネジの戻りを抑制しています。

押し付けられた金属や樹脂は、1度使用してしまうと、変形してしまい、押し付ける機能が低下するのです。

再利用時は、大体のナットは、機能が低下していると思ってよいかと思います。もともとの機能が必要であれば、新しいナットと交換になります。

 

緩み止めナットの種類

 

ネジメーカーにとって、永遠のテーマである、ネジの緩み止め。各社、色んな商品をリリースしています。それぞれ、特徴があるので、見ていきたいと思います。

種類は、色々ありますが、取り外したナットを交換したい場合は、同じ種類のナットと交換することが良いと思います。

 

緩み止めナット

緩み止め能力:ネジ部に金属部品が食いつくので能力高め。

ホームセンターでは、緩み止めナットという名前で販売されていますが、
Uナット・SLナット・Vロックナットなど、色んな呼称があります。

良く見ると、少しずつ形状が違っていますが、機能的には同一だと思ってください。

Uナット

Uナット

SLナット

SLナット

ナットの内側に、金属板のリングが付いていて、この部分の出っ張りがネジ部に食いつく事で、緩みを抑制します。

このナットの良い点

  • ネジ部に食いつくので、締め込んだ状態じゃなくても簡単に脱落しない。ネジの途中でも止まる。
  • オール金属製なので、耐熱・耐寒性に優れている。

このナットのダメな点

  • ネジ部に食いつくので、ボルトに結構なキズが付く。その傷から錆びる事も...。
  • 締め付ける時に、チカラが必要。
  • 繰り返し使用は、5回程度までかと。

 

ナイロンナット

緩み止め能力:緩み止め効果を発揮するのが樹脂部品なので。

ナットの内側に、ナイロンのリングがついていて、これがネジ部を押さえつける事で、摩擦を発生させ、緩みを抑制します。

日本のナイロンナットは、ナイロン部分が白ですが、ヨーロッパ系のものは、青が多いです。

ナイロンナット_日本仕様

ナイロンナット_ヨーロッパ仕様

このナットの良い点

  • ナイロンは樹脂の中では、耐油・耐ガソリン・耐熱性に優れているので、安定した緩み止め効果がある。
  • 樹脂の部品で摩擦を発生しているので、ボルトがキズつきにくい。
  • ー40℃~120℃までの温度範囲で使用できる。

このナットのダメな点

  • 耐性の高い樹脂ではあるが、樹脂相当の劣化がおきる。経年時に機能低下がある。
  • 樹脂でネジ部に対する摩擦を向上させているだけなので、そこまで緩み止め効果が高くない。
  • 繰り返し使用は、5回程度まで。

 

スリーロックナット(タフロックナット)

緩み止め能力:Uナットよりも若干劣る。

上の2点は、ナットにリングをはめ込む事で、緩み止め機能を付加していました。

対して、スリーロックナットは、ナットの一部に外側からチカラを加えて、内側のネジ部を潰す加工をしています。

スリーロックナット_画像

スリーロックナット_緩み止めの原理

この潰された部分が、ボルトのネジ部に食いつく事で緩みを抑制します。

このナットの良い点

  • ネジ部に食いつくので、締め込んだ状態じゃなくても簡単に脱落しない。ネジの途中でも止まる。
  • オール金属製なので、耐熱・耐寒性に優れている。
  • 完全1パーツなので、施工性が良好。

このナットのダメな点

  • ネジ部に食いつくので、ボルトに結構なキズが付く。(Uナットよりは、キズつきにくい。)
  • 普通のナット(2種)よりも厚みがある。
  • 繰り返し使用は、2~5回程度まで。

 

ハードロックナット

緩み止め能力:鉄道の線路にも使用される安定感

メインの用途は、鉄道関係なので、あまり車とかバイクで使用される事はないですが、一応書いておきます。

ハードロックナットは、2個のナットを組み合わせて使用するのが特徴です。芯がズレたナットを組み合わせる事で、偏芯して、ボルトに対して無理に固定されます。

ハードロックナット

ハードロックナットの原理

この無理してる部分が、ボルトに食いつく事になります。これで、緩み抑制効果が発生します。

このナットの良い点

  • 米国NAS(National Aerospace Standard)航空規格にも適合の高い緩み止め効果。
  • オール金属製なので、耐熱・耐寒性に優れている。
  • 摩耗が少ないので、他のナットより繰り返し使用に強い。

このナットのダメな点

  • 1か所固定するのに、2パーツあるので、取付が面倒くさい。
  • ナット自体が、大きく、重い。
  • 価格が高い。

 

皿バネナット

緩み止め能力:ボルトに食いつくわけではないので

皿型のバネ座金を、ナットにカシメて一体化したナットです。ナットを締め込むと、皿バネ座金を潰すかたちになるので、ここでバネ作用が発生します。

相手材(取付部材)とナットの間で発生した、バネ作用によって摩擦力がアップします。また、自然緩みで発生するギャップを埋める事もできます。

皿バネナット

皿バネナットの原理

このナットの良い点

  • ワッシャー(座金)を使わなくて良い。
  • オール金属製なので、耐熱・耐寒性に優れている。
  • 取り付け部材にキズがつきにくい。

このナットのダメな点

  • 緩み止め機能は、さほど期待できない。
  • 緩み始めとともに、緩み止め効果が落ちてくる。

 

フランジナット

緩み止め能力:緩みだしたら、普通のナットと同じ

世間的には、一応、緩み止め機能付きナットの扱いですが、個人的には、緩み止め機能は、ほぼ無いと思っています。ただ、色んなところに使われているので、書いておきます。

フランジナット

フランジナット_セレート

フランジナットは、他のナットのように、ネジ部に食いつく事はありません。

取り付けるものに対して、接地面積が大きくなるので、相手材の陥没を防ぎます。ネジは、相手材を締め付けて、はじめて締結力が発揮されるので、陥没を防ぐ事は、重要です。その点においては、緩み止めという機能なのかもしれません。

フランジ部の裏面を見ると、セレートと呼ばれる、スジがあるものと無いものがあります。セレート付きは、相手材との滑り止めになるので、緩み抑制の効果があります。

 

このナットの良い点

  • ワッシャー(座金)を使わなくて良い。
  • 流通量が多く、入手性が良い。価格も安い。
  • 普通のナットと同じくらいの繰り返し使用が可能。

このナットのダメな点

  • 緩み止め機能は、ほぼ期待できない。
  • 緩み始めると、緩み止めの効果は、機能しなくなる。普通のナットと変わらない。

 

ナット以外のネジの緩み止め

 

ネジの緩みを抑制する方法は、緩み止め機能が付いたナットを使う以外にもあります。

例えば、

  • ノルトロックワッシャーなどの、緩み止め機能の付いたワッシャー(座金)を使う方法
  • ネジの緩み止め剤を使用して、接着に近い方法で、緩みを抑制する方法

などです。

スプリングワッシャー

スプリングワッシャー

ノルトロックワッシャー

ノルトロックワッシャー

緩み止めの作用があるワッシャーで、昔からあるのが、スプリングワッシャー(バネ座金)ですが、最近の研究では緩みに対して、ほぼ効果がないとされています。

対して、高い効果があるといわれているのが、ノルトロックワッシャーなどの、ナットの回転を抑制するというものです。

やや角度の付いたワッシャーが、2枚セットになっていて、座金表面にギザギザが付いています。ナットを締め込むことで、ギザギザが嚙み合ってナットの戻りを防止するというものです。

何度か使った事がありますが、これを嵌めておくと、手でナットを回しただけで、外せなくなるほど効果が高いものです。

 

緩み止め剤を使った、緩み止め方法は長くなりますので別ページで紹介しています。特徴や使い方や、使い分け、特徴を詳しく書いています。

嫌気性_ネジの緩み止め_アイキャッチ
詳しく見る!嫌気性ネジの緩み止め剤の種類・特徴・使い方

今回は、ネジの緩み止めの方法として、【嫌気性のネジの緩み止め剤】の使い方をご紹介します。 ネジは、必ず緩むものです。締め ...

続きを見る

 

まとめ

 

ここでは、ホームセンターでも、比較的入手しやすい、緩み止め機能付きのナットを紹介してきました。

この他にも、各メーカーで、趣向を凝らした色んなナットがありますが、あんまり一般的には流通していません。あと、フランジナットの形状の、ナイロンナットみたいな、合わせ技もありますので、多種多様です。

はじめの方にも書きましたが、車やバイクのナットを交換する時は、基本的に同じものを交換する事を推奨します。

車やバイクのメーカーも、色んな試験を行って、そのナットの採用を決めたわけですから、同じものが1番の適材適所だと思います。

また、緩み止め機能の付いたナットには、寿命があるという事も、覚えておいてください。

ということで、今回の記事も、これで終わりです。

 

LIKE A ROLLING WHEEL HOMEへ戻る

-車とバイクのDIY
-