※当ページのリンクには、一部広告が含まれています。

人気の記事

ミッチャクロンの使い方_アイキャッチ 1

ミッチャクロンは、株式会社染めQテクノロジィさんが製造している、塗装用下地密着剤(プライマー)で、下地と上塗りをしっかりと結合して、塗膜を剥がれにくくするもので ...

2液性ウレタンクリア比較記事のアイキャッチ 2

今回の記事では、ミッチャクロンとともに、DIYペイントでは欠かせない、ウレタンクリアを取り上げていきます。 使い方や特徴はもちろん、カーペイントの超有名メーカー ...

3

  『クリアー塗装が垂れてしまったんです。』 その悲劇は、カーボンパーツにクリアを塗装している時に起こりました。     いつもは、ちゃんと垂れないで塗れるんで ...

ヘッドライト専用ウレタンクリア
普通のウレタンクリアじゃダメ?ヘッドライト専用ウレタンクリアが必要な理由

黄色く濁ったヘッドライトは、古くなってきた車を更に古臭い印象にさせてしまいます。ヘッドライトが黄ばむ主な原因は、ヘッドライトが経年で黄変するポリカーボネートという材質でできているからです。経年とともに黄変する材質のため、抗うことはできません。 この黄変を自分でキレイにするには、ケミカルを使用するのが一番楽な方法です。 当サイトでも、『魁磨き塾 ヘッドライトガチコート』を使用した記事があり、これはこれで、かなりキレイになりましたが、簡易ケミカルのため、1年程度で再びくもりはじめてしまっています。 関連記事: ...

塗装前には脱脂が重要_アイキャッチ
塗装前の脱脂作業は必須。脱脂しないとどうなるの?

脱脂は、塗装の工程において、非常に重要な作業です。油がついた面では、塗料が弾いて付着しないからです。 一度、弾いてしまった塗面には、重ね塗りしようとしても、さらに弾いてしまうのでリカバリーできなくなります。 塗装の浮きを発見した時点で、諦めて、初めからやり直すしかなくなるのです。 車やバイクの塗装は、下地作りがほとんどの時間を締めると言われています。 その下地作りの中でも、数回必要となるのが脱脂です。重要な作業なので、塗装工程の前には、必ず行うクセをつけておくと良いでしょう。 この記事では、塗装前の脱脂の ...

ソフト99とホルツの塗料の比較_アイキャッチ
ソフト99ボデーペンとホルツカーペイントの違い

車を補修塗装する時に使用する、ソフト99とホルツのスプレーペイント。 使用用途が同じだから、中身の成分も同じだと思っていませんか? 特にこだわりがなければ、購入するお店で取り扱いのあるメーカーのものを購入すれば良いでしょう。 ただ、少しだけ、性能にも差があるようなんです。 この記事のポイント ソフト99ボデーペンの性能が分かるホルツカーペイントの性能が分かるソフト99とホルツの違いと注意点が分かる 早速ですが、ソフト99とホルツの塗料を比較してみます。 ソフト99とホルツは何が違う? 最初に、最大のポイン ...

普通の塗料と耐熱塗料の境界線_アイキャッチ
普通の塗料の耐熱温度と耐熱塗料の最低温度

高熱がかかる部分には、耐熱塗料を使用しなければならないのは分かっていますが、普通の塗料と耐熱塗料を使用する温度の境目って、何度なんでしょうか? 何度まで普通の塗料で大丈夫で、何度から、耐熱塗料を使わなければならないのですか? これ、明確な答えって書いてないんです。疑問です。 そこで、当サイトで調べてみましたので、まとめていきます。 この記事のポイント 普通の塗料の耐熱温度が分かる。耐熱塗料の最低使用温度が分かる。つまり、普通の塗料と耐熱塗料の使い分け温度が分かる。 普通の塗料の耐熱温度は? 普通のスプレー ...

タップの立て方_アイキャッチ
タップを立てる・ねじを切る。タップの種類とねじ山の作り方。

タップを立てる・ねじ山を立てる・ねじを切るなど色々な呼び方がありますが、全て穴にねじ山を作る作業のことです。 金属や樹脂部分にねじ穴があれば、ナット不要で、ねじを留め付けることができます。また、潰れたねじ山も再タップで切りなおす事で、ある程度の修復が可能です。 この記事では、 ねじ山を作るには、どんなタップを使えばいいか? タップを切る手順と下穴径 どのくらいの厚さの板ならタップを切れるのか? という内容で説明していきます。 タップの下穴形状 タップの種類も用途や加工方法により色々な形状があります。スパイ ...

ユニファイねじとは?アイキャッチ
ハーレーなどに使われてるユニファイねじって何?

ハーレーなどのアメリカ系のバイクには、ユニファイ規格と電装系などの一部にミリ規格のねじが使用されています。 日本で主に流通しているのは、ミリねじなので、ユニファイねじは特殊な分類に入り、入手しずらい規格になります。 ホームセンターでも、ほとんど見かけることがありません。 では、ミリねじとユニファイねじって何が違うのでしょうか? ユニファイねじとは? ユニファイねじは、インチねじの一種です。 ミリねじとインチねじの大きな違いは、 ミリねじはメートル法を基準としている。 インチねじはヤード・ポンド法を基準にし ...

ナンバープレートのネジ_アイキャッチ
ナンバープレートのネジのサイズと適合するネジ

ナンバープレートを固定している標準のネジは、鉄素材に、ユニクロメッキという表面処理がされています。 メッキの中でも、さほど耐食性が高いものではない上に、ナンバープレートの材質であるアルミ材との相性が良くないので、年月を経るとサビが発生します。 ネジにサビが発生するとナンバープレート自体も、サビだれで汚くなるので、交換したくなることもあるでしょう。 そこで、この記事では、ナンバープレートのネジのサイズ・交換する際のオススメの形状・購入できる場所などを説明していきたいと思います。 普通自動車のナンバープレート ...

自動車メーカー別ホイールナットの規格_アイキャッチ
自動車メーカー別 ホイールナットのサイズと形状一覧(国産車編)

ホイールを固定するのに、欧州車では、ボルトを使用する事が多いですが、日本車の場合、ほとんどがナットで固定します。 関連記事 ≫ なぜ、国産車はナットで欧州車はボルトでホイールを固定する? ナット固定と、ボルト固定の違いは、それぞれの自動車文化の違いだったりしますが、同じ、ナット固定でも、それぞれの自動車メーカーで、ナット自体の形状や規格が違っているのです。 そこで、以下に、それぞれの自動車メーカーごとに、ホイールナット・ボルトの形状・規格をまとめていきます。 ホイールナットの形状を規格の見方 国産車のホイ ...

ヘッドライト専用ウレタンクリア
普通のウレタンクリアじゃダメ?ヘッドライト専用ウレタンクリアが必要な理由

黄色く濁ったヘッドライトは、古くなってきた車を更に古臭い印象にさせてしまいます。ヘッドライトが黄ばむ主な原因は、ヘッドライトが経年で黄変するポリカーボネートという材質でできているからです。経年とともに黄変する材質のため、抗うことはできません。 この黄変を自分でキレイにするには、ケミカルを使用するのが一番楽な方法です。 当サイトでも、『魁磨き塾 ヘッドライトガチコート』を使用した記事があり、これはこれで、かなりキレイになりましたが、簡易ケミカルのため、1年程度で再びくもりはじめてしまっています。 関連記事: ...

ヘッドライトの黄ばみをキレイにする方法_アイキャッチ
ヘッドライトクリーナーでヘッドライトの黄ばみを取り除く方法

実家の、ホンダフィットのヘッドライトの黄ばみと濁りがひどく、ライトも暗い状態になっていたのでキレイにしてみたいと思います。 ネットを見ると、水研ぎして、バフかけて、ウレタンクリアを塗装してと、大がかりなものが多かったですが、気軽にやりたかったので、1,000円程度で購入できるヘッドライトクリーナーでどこまでやれるか試してみました。 今回、スーパーオートバックスで比較検討した結果、プロスタッフの『魁磨き塾 ヘッドライト本気(ガチ)コート』を選びました。 正直ふざけた製品名です。 ちょっと不安に感じますが、そ ...

窓枠の白サビ除去_アイキャッチ
欧州車の窓枠(モール)のシミ・白サビをキレイにして、長持ちさせる方法

  欧州車乗りの、永遠の悩みである、窓枠(アルミモール)のシミや白錆び・水垢汚れ。知らない間に、白いポチポチだらけになっていて、何か、車が古くなったように感じますよね。 自分のアルファロメオも、例にもれず、段々と汚くなってきて、車に乗り込む度に、何とかしないと!と思いつつも放置してしまっていました。 アルミモールのシミは放置すればするほど、対処が面倒くさくなるので、頑張ってキレイにする事にしました。 という事で、この記事では、 を書いていこうと思います。   対処するには原因を知っておかないと!   欧州 ...

フロントガラスをキレイにする方法_車内側編_アイキャッチ
車のフロントガラスの汚れ。原因とキレイにする方法ー車内側編ー

春・秋の通勤時に、フロントガラスが光ってしまって、カーブミラーが見えないとか、信号が見にくいとか、経験した事ありませんか?この時期は、朝の太陽の光の角度が低く、特に見にくくなる傾向にあります。 さらに、冬になれば、暖房もつけますので、ガラスの曇りにイライラさせられる事もあります。これって、フロントガラスの内側の汚れなんです。 でっ、そんな時、その辺にある、ティッシュとか、適当な布で拭いてみるのですが、汚れを伸ばすだけだったり、拭きムラができたりして、結局はキレイにならないし、余計にひどくなることもあります ...

輸入車のホイールが汚れやすい理由_アイキャッチ
輸入車のホイールが汚れやすいのはなぜ?国産車とは何が違うのか。

輸入車のホイールは、国産車と比較して明らかに、汚れるスピードが早く、私の車の場合、洗車をして2日も乗れば、黒茶っぽいススのようなものに覆われ始めます。洗うのも面倒くさいし、汚れたままだと車自体が汚く見えるので厄介です。輸入車に乗っている方なら共通の悩みではないでしょうか? そこでこの記事では、 輸入車のホイールが汚れやすい原因 汚れを簡単に落とす方法・汚れにくくする方法 根本的に汚れの発生を抑える方法 を説明していきたいと思います。 根本的に汚れの発生を抑えるのは、少しだけハードルが高いですが、汚れにくく ...

自動車メーカー別ホイールナットの規格_アイキャッチ
自動車メーカー別 ホイールナットのサイズと形状一覧(国産車編)

ホイールを固定するのに、欧州車では、ボルトを使用する事が多いですが、日本車の場合、ほとんどがナットで固定します。 関連記事 ≫ なぜ、国産車はナットで欧州車はボルトでホイールを固定する? ナット固定と、ボルト固定の違いは、それぞれの自動車文化の違いだったりしますが、同じ、ナット固定でも、それぞれの自動車メーカーで、ナット自体の形状や規格が違っているのです。 そこで、以下に、それぞれの自動車メーカーごとに、ホイールナット・ボルトの形状・規格をまとめていきます。 ホイールナットの形状を規格の見方 国産車のホイ ...

ホイール_ナット固定とボルト固定の違い_アイキャッチ
なぜホイールを取り付けるのに、日本車はナットで欧州車はボルトなのか?

欧州車に乗っている方なら、分かると思いますが、日本車と欧州車ってホイールの取り付け方が違うのです。 具体的には、日本車は、ナットで固定します。対して、欧州車(ジャガー・ランドローバーなどのイギリス車は除く)は、ボルトで固定します。 ちなみに、アメリカ車も、ナットで固定するのですが、この違いって何なのでしょうか? 今回の記事では、その理由とメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。 欧州車がホイールをボルトで取り付ける理由 欧州の場合、ドイツの速度無制限の高速道路(アウトバーン)に代表されるように、走 ...

世界のタイヤメーカー一覧_アイキャッチ
世界のタイヤメーカー 一覧

日本でもアジアンタイヤを多く見かけるようになりました。 ここ数年の間に、技術・品質ともに、目覚ましく向上しているので、魅力的な価格も相まって、選択肢に入れている方もいるかと思います。 色んなメーカーが競ってくれることは、消費者としては、ありがたい事です。 ただ、これって、どこの国のメーカーでどこで作ってるの?など、聞いた事のないメーカー名やブランドに躊躇することもあるのではないでしょうか? 日本・ヨーロッパ・アメリカ系のメーカーであれば、大体分かります。 でも、アジア系はちょっと分からない。多分それが実情 ...

輸入車を高く売るには_アイキャッチ
輸入車の買取価格はなぜ安い?輸入車を高く売る方法

輸入中古車は、新車時の値段から考えると安すぎると感じた事はありませんか? 輸入車は国産車と比べて、中古車価格の下落幅が大きい傾向にあります。もちろん販売価格が安ければ、買取価格も安くなります。 買う時は高くても、売る時は安い。それが輸入車の宿命なのかもしれません。 フェラーリや、ポルシェなど、新車時価格よりも高く売却できる場合もありますが、それは、極レアケース。 では、輸入車って、なぜ中古車価格と買い取り価格が安くなってしまうのでしょうか? 輸入車の中古車は、なぜ安くなる? 一般的に輸入車には、どんなイメ ...

車が高く売れる時期はいつ?
車が一番高く売れる時期は?

大切に乗ってきた車を売るなら、少しでも高く売りたいものです。 車を売るタイミングは、人それぞれ理由がありますが、売る時期によって買取価格は変わってきます。もし、売るタイミングと高く売れる時期を合わせられれば、お得に売る事ができます。 車が一番高く売れる時期はいつ? 車が高く売れるのは、需要が高まる時期の1~2ヵ月前です。中古車屋さんが繁忙期を迎える前に仕入れを積極化するタイミングだからです。 下のグラフは、中古車の登録台数を月ごとにまとめたものです。(コロナ期間中はイレギュラーな動きをしたため除外) この ...

修復歴車とは?_アイキャッチ
修復歴車(修復歴あり)とは、どんな車?買っても大丈夫?売る時に安くなる?

カーセンサーやグーネットなどで、中古車を探していると、たまに市場価格よりも安い車を見かけます。詳細を良く見てみると、修復歴ありとなっていることがあります。 一般的に修復歴車は、修復歴の無い車に対し、敬遠される傾向にあるので車両価格が安く設定されています。では、修復歴とはどのような修復を受けた車なのでしょうか? 事故にあって修理した車だということは分かりますが、バンパーをこすって塗装したものは、修復歴車に該当するのでしょうか? 修復歴車(修復歴あり)とは? 修復歴車は、一般的には、事故車とか修復歴あり車など ...

車を売る時に税金は戻ってくるのか_アイキャッチ
車を売る時に戻る税金と戻らない税金

車を購入し維持するには、様々な税金がかかっています。購入時に支払うもの・毎年支払うもの・車検の時支払うものなど色々です。税金以外にも、自賠責保険料やリサイクル費用などの付帯費用がかかっていますが、税金だけ考えても、かなりの金額になります。 その中で、車を売却する時に戻ってくる税金もあります。 戻ってくる税金 自動車税 戻ってこない税金 自動車取得税 自動車重量税 購入時の消費税 戻る税金・戻らない税金を把握することは、車買取に出すときに損をしないために重要です。 戻る税金は、受け取り方。戻らない税金は、な ...

タップの立て方_アイキャッチ
タップを立てる・ねじを切る。タップの種類とねじ山の作り方。

タップを立てる・ねじ山を立てる・ねじを切るなど色々な呼び方がありますが、全て穴にねじ山を作る作業のことです。 金属や樹脂部分にねじ穴があれば、ナット不要で、ねじ ...

ヘッドライト専用ウレタンクリア
普通のウレタンクリアじゃダメ?ヘッドライト専用ウレタンクリアが必要な理由

黄色く濁ったヘッドライトは、古くなってきた車を更に古臭い印象にさせてしまいます。ヘッドライトが黄ばむ主な原因は、ヘッドライトが経年で黄変するポリカーボネートとい ...

輸入車を高く売るには_アイキャッチ
輸入車の買取価格はなぜ安い?輸入車を高く売る方法

輸入中古車は、新車時の値段から考えると安すぎると感じた事はありませんか? 輸入車は国産車と比べて、中古車価格の下落幅が大きい傾向にあります。もちろん販売価格が安 ...

ユニファイねじとは?アイキャッチ
ハーレーなどに使われてるユニファイねじって何?

ハーレーなどのアメリカ系のバイクには、ユニファイ規格と電装系などの一部にミリ規格のねじが使用されています。 日本で主に流通しているのは、ミリねじなので、ユニファ ...

車が高く売れる時期はいつ?
車が一番高く売れる時期は?

大切に乗ってきた車を売るなら、少しでも高く売りたいものです。 車を売るタイミングは、人それぞれ理由がありますが、売る時期によって買取価格は変わってきます。もし、 ...

輸入車のホイールが汚れやすい理由_アイキャッチ
輸入車のホイールが汚れやすいのはなぜ?国産車とは何が違うのか。

輸入車のホイールは、国産車と比較して明らかに、汚れるスピードが早く、私の車の場合、洗車をして2日も乗れば、黒茶っぽいススのようなものに覆われ始めます。洗うのも面 ...

2023売れている日本ブランドのドラレコ_アイキャッチ
【2023年】日本ブランドのドライブレコーダーを売れてる順でランキング

様々な種類・価格帯のドラレコが販売されていますが、今回は、その中でも日本ブランドに絞ってランキングしていきます。 同じ日本ブランドであっても、日本製のものと中国 ...

修復歴車とは?_アイキャッチ
修復歴車(修復歴あり)とは、どんな車?買っても大丈夫?売る時に安くなる?

カーセンサーやグーネットなどで、中古車を探していると、たまに市場価格よりも安い車を見かけます。詳細を良く見てみると、修復歴ありとなっていることがあります。 一般 ...