車とバイクのDIY

【車の配線コード】スケア(sq)って何? 配線コードの選び方は、これで分かる。

配線コードの選び方_アイキャッチ

車に電装部品を取り付けるのに、必ず必要になる、配線コード。お店に行ってみると、想像以上に色んな種類があって、何を買っていいのか分からなくなります。

色も色々あるから、好みの色のコードを選べばOK!なんて思ってませんか?

表示を見ると、[AVS]とか[ ○○ sq]とか、[○○m]とか書いてあります。○○mは、線の長さなので、必要な長さを購入すれば良いです。では、[AVS 〇〇 sq]って何の数字なんでしょう?

今回は、電源コードの選び方について書いてみたいと思います。

 

配線コードの種類と使い分け

 

電源コードのパッケージを見てみると、こんな感じで表記されています。

エーモン_配線コード

それぞれの表記が、どんな意味なのかを説明していきます。

 

1番重要なのは、スケア(sq)の表記

 

sqで表記される数字は、スケアと読みます。

スケアとは、配線コードの太さを表したもので、square mm = スクエアミリメートルを略した呼称です。数値は、コードの芯線(撚線)の断面積を表していて、0.5sqであれば、約0.5mm²という事になります。約と書いたのは、面積をスケアにする時に、キリにいい数字になっているためです。

スケアの説明

配線の太さは、電気を通す量に関係していて、太いものになるほど、通す電気の量が多くなります。

 

配線の太さと、使用できるアンペア数、使用できるワット数の関係は以下の通りです。使用できるワット数は、普通の乗用車の電圧である12Vでの場合です。

 

コードサイズ
(スケア)

使用可能
電力

使用可能
アンペア

参考
AWG
0.2sq30W以下2.5A以下AWG24
0.50sq60W以下5A以下AWG20
0.75sq80W以下6.6A以下AWG18
1.25sq140W以下11.6A以下AWG16
2.00sq200W以下16.6A以下AWG14
3.00sq360W以下30A以下
5.00sq480W以下40A以下AWG10

取り付けする電装品の消費電力に合わせて、配線コードも選ぶ必要があります。

電装品の消費電力(電流)は、アンペアだったり、ワット数で表記されていたりします。それぞれの関係は、以下の通りとなります。

 

消費電力(W)=電圧(V)÷ 電流(A)
電圧(V)  =消費電力(W)÷ 電流(A)
電流(A)  =消費電力(W)÷ 電圧(V)

つまり、12Vで60Wまで使用できる、0.5sqのコードは、60W ÷12V で、5Aまで使用できる事になります。

 

参考

表中に参考で書いた、AWGという数値。配線コードのパッケージで、たまに見かけます。アメリカン・ワイヤー・ゲージの略で、簡単に言うと、アメリカ規格です。日本の規格は、JISでsq(スケア)が使用されます。

 

AVとAVSの意味は?

 

配線コードに表記されている、AVとAVSの違いは、被覆の肉厚の違いです。 

スケアが同じであれば、使用できる電流・電圧は同じです。被覆が薄い分、コード自体が細くなるので、配線がしやすくなるという利点があります。

 

A・V・S のそれぞれの文字に意味があり、以下の通りとなります。

A : 自動車用低圧電線 (Low-voltage cables for automobiles)
V : ビニル (Vinyl)
S : 薄肉型 (Thin insulation type)

AV=自動車の低電圧回路に使用される、ビニル被覆のコード

AVS=自動車の低電圧回路に使用される、薄いビニル被覆のコード

となります。

 

使用できる電装パーツの目安

 

目安として、車用電装パーツの消費電力あげてみます。

  • カーナビ(オンダッシュタイプ) 2.5アンペア程度
  • ETC 0.5アンペア程度
  • カーオーディオ 10アンペア程度
  • LEDランプ 20ミリアンペア(1個あたり)

エーモンLED_パッケージ

エーモンLED_本体

こんなものです。

つまり、LEDであれば、0.2sqのコードでも、125個も取り付けられる事になります。

ちなみに、【1アンペア=1000ミリアンペア】です。

なので、ほとんどの場合、0.2sqと0.5sqで事足りることとなります。

たまに、オーディオのメイン電源配線をする時には、1.25sqくらいが必要になるかもしれませんが、だいたい、ハーネスセットになってますしね。わざわざ自分で配線コードを用意することもないかと思います。

自分も通常在庫しているのは、0.2~0.75sqのシングルとダブルコードくらいです。

 

coro-suke
ちなみに、シングルコードとダブルコードとは?

簡単に言うと、ダブルコードは、シングルコードが2本くっ付いたものです。束ねる必要がなくなるので、取り回しが楽になります。

シングルコードとダブルコード

電気は、プラス線とマイナス線のセットで必要になります。コードを延長するとか、ハーネスを組むとか、そういう時は、ほぼダブルコードを使用します。

マイナス線をボディアースする時などは、シングルコードを使用します。

 

まとめ

 

ということで、配線コードの選び方を、まとめてみました。

この記事の結論としては、配線コードは、色で選ぶな!スケアで選べ!という事に落ち着きます。これで、スケアの意味も、理解いただけたと思います。

それを踏まえた上で、使うコードは、0.2・0.5・0.75スケアがあれば、ほぼOKというのも分かりました。

無駄に、色んな太さのコードを、在庫しておく必要もありません。売り場で迷ったら、大体、このあたりの太さを選んでおけば無難かと思います。

配線コードが決まれば、あとは、端子付けて接続するだけですね。

そんな記事も書いてますので、合わせて読んでください。

参考電工ペンチの使い方。一番安いのでも結構使える!

  車の電装系DIYといったら、ほぼ確実に使う電工ペンチ。主な役割は、端子をカシメること。 でも、改めて見ると、結構、色 ...

続きを見る

では、今回の記事もここまで。

 

LIKE A ROLLING WHEEL HOMEへ戻る

-車とバイクのDIY
-

© 2021 Like a Rolling Wheel Powered by AFFINGER5