【車買取 】ローンが残っている車は売れるのか?残債のある車の売り方

ローン中の車でも売却できる?_アイキャッチ

ローンが残っている車は、売る事ができるのでしょうか?

ローンで車を購入し、残債がある方は、疑問に持つことがあるでしょう。

答えは、手続きさえしっかりとすれば、問題なく売却することができるのですが、それには、少しだけルールや、注意点があるので順番に確認していきたいと思います。

車の所有権がだれにあるかで売り方が変わる

自己資金で購入した場合、車の所有権は自分にあります。車検証の所有者の欄にも、ご自身の名前が記載されているはずです。ただ、ローンで購入した場合は、所有者が自分では無いことがあります。

基本的に、車を売却できる権利は、使用者ではなく、所有者にあります。まずは、所有者が誰になっているのか確認しておきましょう。

※車検証は2023年1月にICチップを埋め込んだカードに電子化される予定です。

銀行などのマイカーローンを使用している場合

銀行マイカーローンのイメージ

銀行などのマイカーローンを使用して車を購入した場合、車検証に記載の所有者は、購入者になっている事がほとんどです。

これは、車を購入する目的で、資金を銀行から借り入れしているという状況であるため、車の所有権と、資金の調達が切り分けられているからです。

この場合、残債があっても、問題なく売却することができます。

ただし、「車を売却する場合は、一括で返済すること」などの条文がある銀行ローンがあるので注意が必要です。

銀行などのマイカーローンの場合

所有権は自分→問題なく売却ができる

※.ローン契約時の契約内容に注意

信販会社や自動車メーカー系列のファイナンス会社が提供するオートローンを使用している場合

メーカー系・ファイナンス系オートローンのイメージ

信販会社や自動車メーカー系列のファイナンス会社が提供するオートローンを使用して車を購入した場合、車の所有者は、ローン会社であることがほとんどです。

この場合、車を売却するには、ローンを完済して、所有権の解除をする必要があります。

ローンの完済には、車買取店などの売却金額を充当する事も可能です。買取店に依頼すると、ローン返済・所有権解除・名義変更も代行してくれます。

ただし、ローンの残債よりも売却金額が低い場合は、追加で支払いをしなければならないので注意が必要です。

ファイナンス系オートローンの場合

所有権が他者→ローン完済→所有権解除→売却

売却金額が、残債より少ない場合、どうすれば良いか?

売却金額が、ローン残債を上回っていれば、残金は受け取る事ができます。

逆にローン残債が、売却金額を上回っている場合は、売却金額で足りなかった残債を支払う必要があります。

これを現金で支払いできれば問題ありませんが、無理な場合は、ローンを組むという手段もあります。ただ、元々の自動車ローンは、車の所有権を担保にしているため、売却時に引き継ぎはできません。

そのため、新たなローンを組みなおす必要があります。使用できるローンには、以下のようなものが考えられます。

新たに組む事ができるローン

  • 次に買う車のローンに上乗せする。(ローン会社によって条件あり)
  • 買取店が独自に設定している残債用のローンを使用する。
  • 銀行系のフリーローンを使用する。

※.ローン会社や、買取店によっては対応していないところもあるので、事前に確認が必要です。

どちらにせよ、売却するのに、さらに追加で支払いをしなければならないのは、苦痛でしかありません。

少しでも高く売却できる買取店を比較検討することをオススメします。

まとめ

ローンが残っている車は売れるのか?についてまとめると、以下のようになります。

  • ローンの残債があっても、車を売る事はできます。
  • 所有者がローン会社の場合は、所有権解除が必要です。
  • 残債の返済・所有権解除・名義変更などは、買取店が代行してくれます。
  • 残債が売却金額を上回る場合は、差額分を支払う必要があります。
  • 売却する車のローンを継続する事はできません。

となります。

ローン中の車を売却する時は、事前に買取相場を調べ、残債とのバランスを考えながら進めるのが良いかと思います。車は売却したけど、ローンだけ残るのも悲しいものです。

LIKE A ROLLING WHEEL HOMEへ戻る

関連広告

-車の売り方