輸入車の買取価格はなぜ安い?輸入車を高く売る方法

※当ページのリンクには、一部広告が含まれています。

輸入車を高く売るには_アイキャッチ

輸入中古車は、新車時の値段から考えると安すぎると感じた事はありませんか?

輸入車は国産車と比べて、中古車価格の下落幅が大きい傾向にあります。もちろん販売価格が安ければ、買取価格も安くなります。

買う時は高くても、売る時は安い。それが輸入車の宿命なのかもしれません。

フェラーリや、ポルシェなど、新車時価格よりも高く売却できる場合もありますが、それは、極レアケース。

では、輸入車って、なぜ中古車価格と買い取り価格が安くなってしまうのでしょうか?

輸入車の中古車は、なぜ安くなる?

一般的に輸入車には、どんなイメージがありますか?

値段が高いというのは別として、壊れやすいとかメンテナンス費用が高そうとか、そんなネガティブなイメージではないでしょうか。

一昔前であれば、壊れやすかったのは紛れもない事実です。今はというと、信頼性も向上して、壊れにくくなっていますが、相変わらずパーツも含め、メンテナンス費用は高額になりがちです。

高級自動車メーカーであれば、汎用的な樹脂製クリップまでも高くなります。

新車保証期間が過ぎて壊れれば、何のサポートもなく実費(リコールはもちろん除く)としてのしかかります。そうなると中古車ユーザーとしては痛手です。

レッカーされる輸入車

中古車の購入を検討する場合、そのメーカーに特別な憧れや、思い入れがないかぎり国産車を選ぶのが無難なところです。

この、負のイメージが輸入中古車が安くなってしまう根本的な原因なのです。

海外では国産車より輸入車の比率が高い国が少なくありません。また、輸入車の方が信頼性の高い国もさらに多いでしょう。そういった国は輸入車の人気が高くなるので、輸入車の価格下落率が高いのは日本特有の文化とも言えます。

輸入車の中でも下落率に差がある。

輸入車と一概に言っても、色んな国に様々なメーカーが存在します。

たとえば、ドイツ車とイタリア車であれば、どういったイメージをもちますか?

日本では、ドイツ車は質実剛健で信頼性の高いイメージをもたれています。日本人の気質に合っているのか、ドイツの主力メーカーといえば、メルセデス・BMW・アウディ・フォルクスワーゲンにポルシェ。どれも人気のブランドになっています。

輸入車=高級車というイメージを植え付けたのも、ドイツブランドであると思います。

対して、イタリア車はどうでしょう?

フェラーリやランボルギーニなど、誰もが知っているようなメーカーはありますが、マセラティにしてもアルファロメオにしても、信頼性に乏しく一部の車好きだけが選ぶブランドというイメージではないでしょうか?

メルセデスやBMWであれば、中古車でも乗ってみたいと思う人がいると思いますが、トラブルに怯えながら、マセラティを選ぶ人は、少ないと思います。

中古車価格は、需要と供給のバランスによって決まってきます。そう考えるとドイツ車とイタリア車では、どちらの需要が高いでしょうか?

新車販売の少ないイタリア車は供給自体は少ないですが、需要も著しく少ないため、価格は下がってしまうのです。

また、輸入車の中でも人気なはずの、ドイツ車であっても、国産車と比べれば、選ばれる機会は少なく、これも価格を下げてしまうことになります。

世界でも名だたる信頼性を誇る日本車ではなく、輸入車を選ぶには、輸入車を選ぶだけの動機がなければなりません。それが中古車であればなおさらです。

つまり、国産中古車のほうが圧倒的に選ばれる機会が多く、輸入車の需要は総じて高くないわけです。

さらに、同じ輸入車であっても、欲しいと思う人が多いドイツ車は下落幅が少なく、マニアックなイタリアやフランスなどのラテン車は、大きく下落する傾向にあります。

これに加え、ボディ形状でも差がでてきます。昨今のブームでSUVタイプに需要が集まり、セダンタイプは人気薄の状況が続いています。

販売できる中古車車販売店が少ないのも原因

輸入車の部品は価格が高いうえに、流通ルートも限られるため、入手性の低いものもあります。

一度欠品してしまえば、本国取り寄せとなるため長い期間待たされることもたびたびです。また、整備には、専用のテスターや工具、ノウハウも必要になるので、国産車中心の販売店では、メンテナンスを行うのは難しいものと思います。

中古車店の画像

まれに、国産車ばかりの在庫の中に、何台か輸入車が混ざって売られているところもありますが、トラブルが起きたときには、ディーラーに外注整備に出すなどコストばかりかかってしまいます。

中古車販売店は、国産車のみ扱いというところが圧倒的多数です。国産車専用の中古車店が、オートオークションなどで輸入車を仕入れることはありません。

輸入中古車の販売店が少ないということは、流通ルートも限られ、買取価格に対する競争も起きにくくなるのです。

輸入車を高く売りたいなら

経験上、輸入車を高く売るのは、一般的な買取業者では無理です。

特にイタリア・フランスなどのラテン系の輸入車は著しく低い買取価格を提示されることもあります。

自身の経験では、複数社に査定を出したところ3倍以上の差があったこともあります。

有名どころの買取業者は、ガリバーが運営しているリベラーラのように、輸入車専門の自社販売店をもっているところを除き、ほとんどの場合、オートオークションに出品します。

そのため、買取金額は以下のようになります。

オートオークションの予想落札価格買取会社の利益出品費用陸送代などの諸費用などが差し引かれた金額

落札予想価格は、買取会社ごとに異なりますが、参照しているデータが同じなので似たような価格となります。輸入車のオートオークションでの、落札価格は高くないので、その価格が基準になること自体不利なわけです。

輸入車を高く売りたいなら、

  • 輸入車に特化した買取業者に依頼する
  • 輸入車を販売している中古車店に依頼する
  • 有名買取業者であっても輸入車販売店をもっている買取店に依頼する

この3パターンになります。

輸入車に特化した買取店は、輸入車を高く売るための独自ルートをもっていますし、輸入中古車店に売れば、直接販売に回せるため、余計なマージンがかからず高く買い取ってもらえます。販売店を持っている買取業者も同様です。

ポイントとしては、同じ輸入車であっても、フランス・イタリア車の場合は、それらを得意とする中古車販売店に依頼することで買取価格が上がります。輸入車が得意だとアピールしている業者でもドイツ車メインのところが多数だからです。

近場に、イタリア車・フランス車を得意とする中古車店があれば、持ち込んで査定してもらうのも手です。

趣味性の高い車ほど、それらを得意とする業者にお願いするのが良い方法となります。

まとめ

輸入中古車の販売価格(買取価格)が低いのは、国産車とくらべて、需要が低いことと、流通経路が少ないことが原因です。

また、中古車販売店も、故障に対する補償経費や在庫が滞留するリスクから値入を高くとらなくてはならず、販売価格から考えると買取価格を安く見積もる傾向にあります。

輸入車を最大限高く売るには、その輸入車ブランドを得意とする、買取店または、販売店に買い取ってもらうことが重要となります。

\ 車とバイクを楽しむメディア /

関連広告

-車の売り方