耐水サンドペーパーの選び方_アイキャッチ

車とバイクのDIY

耐水サンドペーパーの種類と番手による使い分け方

 

今回は、サンドペーパーの中でも、耐水サンドペーパーについて深掘りしていきます。かなりニッチな内容ですね。

車やバイクの塗装には、下準備で必要となるものなので、知っておいて損はないかなと思います。ただ、ちょっと、マニアックな記事になるかもしれませんので、ご了承ください。

耐水サンドペーパーの、選び方などの基本は、キッチリとおさえた記事にしていくつもりですので、お付き合いお願いします。

では、いきます。

まずは、耐水サンドペーパーはどれ?って内容からです。

 

サンドペーパー色々あるけど、どれが耐水ペーパー?

 

耐水サンドペーパーとは、他の紙ヤスリとは異なり、耐水性の基材、接着剤を使用して作られていて、水や油をつけながら研磨する事ができるヤスリです。

耐水ペーパー_表

耐水ペーパー_砥材面

耐水ペーパー_裏

耐水ペーパー_裏面

空研ぎにも使用できますが、水をつけて磨く事で、摩擦熱を押さえたり、研磨紛の飛散防止、ヤスリの目詰まり抑制など、利点が多くあります。

また、研磨時の摩擦も減るので、番手にもよりますが、なめらかに磨く事ができます。

 

耐水サンドペーパーは、ホームセンターのどこにある?

そんな便利な、耐水ペーパーですが、ホームセンターに行くと、耐水ペーパー以外にも色んなサンドペーパーが売っていて、どれを選んだらよいか分かりません。

紙ヤスリ自体は、工具売り場と、塗装用品売り場、それにカー用品の補修用品コーナーにも置いてあります。業界的に言うと3カ所陳列ですね。

 

サンドペーパー売り場

ホームセンターのサンドペーパー売り場

それぞれ、少しずつ、内容が違うのですが、それは後述します。

とりあえず、ホームセンターで販売している、サンドペーパーの種類はこんな感じです。

  • 紙ヤスリ
  • 布ヤスリ
  • カラ研ぎヤスリ
  • 耐水サンドペーパー

何が違うのかと言うと、用途です。耐水ペーパーは、さっき書いたので、それ以外の特徴は以下の通りです。

 

紙ヤスリ⇒基本的に木材の表面を整えたり、石膏の表面を磨いたりするのに使用します。時には、サビ落としにも使用しますが、耐久性が低いです。耐水性もないので空研ぎだけしか使えません。

紙ヤスリ_表

紙ヤスリ_砥材面

紙ヤスリ_裏

紙ヤスリ_裏面

布ヤスリ⇒基材が紙ではなく、綿布なので、破れにくく耐久性が非常に高い事が特徴です。丈夫なので、金属の酷いサビ落しやバリ取り、古い塗装はがしなど、耐久性を求められる研磨に使用します。

布ヤスリ_表

布ヤスリ_砥材面

布ヤスリ_裏

布ヤスリ_裏面

空研ぎペーパー⇒耐水ペーパーとは違い、空研ぎに特化したサンドペーパーです。砥面に、目詰まり防止の処理がされています。また耐久性が高いのも特徴です。

空研ぎペーパー_表

空研ぎペーパー_砥材面

空研ぎペーパー_裏

空研ぎペーパー_裏面

ホームセンターで売っているサンドペーパーは、大体こんな感じです。

この他に、サンディングメッシュシートも、同じ売り場に売ってますが、明らかにペーパーではないので、ここでは除外します。

 

coro-suke
用途もそうですが、見た目も大きく違うので見分けはつくと思います。これで迷わず、耐水サンドペーパーにたどり着けますね。

 

あと、ホームセンターの各売り場によって、売っているサンドペーパーの内容も違いますので書いておきます。

工具売り場が、品揃えMAXだと思ってください。塗装用品売り場は、複数の番手がセットになったものが多いです。耐水性ペーパーセットの他、木材の下地処理用のものもあります。

カー用品売り場も、セット品が多いです。車の塗装に使用する番手のセットなので、便利かもしれません。

耐水サンドペーパーがどんな物か分かったらところで、次は、目の粗さを選んでいきます。

 

耐水ペーパーの番手(研磨剤の粗さ)

 

サンドペーパーの、目の粗さは、番手と呼ばれ、数字の前に#をつけた数字で表されます。#の後に続く数字が小さいほど粗く、大きいほど細かくなります。

呼称として、数字のあとに番をつけて呼ぶ事が多く、#800であれば、800番などと言います。耐水の800番なんて言い方もします。

一応分類があって、大きく4種類に分けられますが、メーカーによって定義がバラバラなので、そんな感じかと思ってもらえればOKかと思います。

  • 粗目 #80~#180
  • 中目 #240~#400
  • 細目 #600~#800
  • 極細目 #1000以上

 

それでは、各番手ごとの用途を見ていきます。

ペーパーの番手用途
#80FRPのバリ取り・ひどい錆び落とし・パテの粗削り・旧塗膜の剥離など
#120
#150
#180
#240
#320サーフェイサー塗装前の足付け・薄付けパテの研磨・下の番手の目消し
#400下の番手の目消し
#600上塗り塗装の足付け
#800
#1000クリア前の塗装面ならし・ウレタンクリア後のゆず肌修正・塗装垂れ修正
#1200
#1500コンパウンド掛け前のクリア塗装磨き・ゴミやブツ取り
#2000

あくまでDIYで使う上での目安ですが、こんな感じじゃないでしょうか?

目消しで使用する場合は、粗いものから細かいものに、段々としていきます。いっきに番手を上げてしまうと、目消しはできません。

目消しをする場合は、倍程度の番手で上げていくのが良いかと思います。例えば、80番の目消しなら、だいたい倍の150番で。150番の目消しなら、その約倍の320番でという手順です。

ここまでで、目的の耐水ペーパーに、たどり着けたと思います。次からは、マニアックな内容です。

 

サンドペーパーの組成(読まなくても大丈夫!)

 

ここからは、普通に生活していく上では、たぶん、不要な知識です。なので、読まなくてもOKです。

サンドペーパーについて、もっと知りたい!というマニアックな方だけ読んでください。

内容としては、サンドペーパーの構造と材質の組み合わせっていう話です。

 

サンドペーパーの構造

サンドペーパーとは、「研磨布紙」に分類される研磨用の工具です。基材と呼ばれる、紙や布に研磨剤を接着してできています。

基材と研磨材は、以下の図のような状態で、接着されていて、基材研磨剤接着剤の組み合わせで構成が決まります。

通販などで、【粒度#120 寸法(mm)230×280 砥材CC 基材Cw】という表記をたまに見かけますが、この組み合わせを表したものです。

ちなみに、今回の題材である、耐水ペーパーは、このCC+Cwが一般的です。

では、この記号の意味を書いていきます。

 

基材の種類

主に、布紙の重量(厚さ)で分類されています。厚さの分類と記号は以下の通りです。

基材の種類
(記号)
基材の厚さ用途
Aw(t)約95μ

薄いので強度が低いが柔軟性が高い
洋紙の紙ヤスリに使用される

Cw(t)約140μ

強度と柔軟性がバランスした平均的な基材強度
耐水ペーパーの標準タイプ
紙ヤスリ・カラ研ぎペーパーにも使用される

Dw(t)約190μ

強度がやや強いとともに、研磨紙も硬い
番手の低い荒粒度のカラ研ぎペーパーなどに使用される

Ew(t)約170μ

バリバリに硬い
ワイドベルトサンダー・エッジサンダー等での強研磨に使用

研磨材の種類

研磨材の種類も記号で表されています。表にすると以下の通りです。

種類記号用途
炭化ケイ素
(シリコンカーバイト)
CC黒灰色

ダイヤモンドの次に硬度のある高硬度の砥材
耐水性サンドペーパー

溶融アルミナAA黒褐色

布ヤスリ
カラ研ぎペーパー

WA白色

AA研磨材より形状が鋭いため研磨力がある

ガーネット黄褐色

紙ヤスリ

接着剤の区分

研磨材を基材に付着させるための接着剤です。用途によって、使い分けられますが、一般的なのは、G/Gとなります。

種類記号接着剤層特徴
1次
接着層
2次
接着層
グルーボンドG/Gにかわにかわ最も一般的な接着剤です。
レジンオーバーグルR/Gにかわレジン柔軟性と耐熱性にが良く、主として機械研磨に使用します。
レジンオーバーレジンR/Rレジンレジン耐熱性、耐湿性が良いので、高速、高荷重の機械研磨に使用します。

サンドペーパーは用途によって、このような組み合わせで成り立っています。

使う上では、多分、何も気にしなくてもいい部分かと思います。サンドペーパーの裏面とかに、この記号が記載されていて気になったので書いてみました。

ちなみに、構成は一緒であっても、接着の強度などメーカーによって違うみたいです。通販のレビューとかで、研磨材がはがれやすいとか、折りたたむと不具合がでるなどのレビューも見受けられますので、自分の好みにあった、メーカーを選んでも良いと思います。

ホームセンターでも、お店によって取り扱いメーカーが異なりますの、チェックしてみてください。

 

まとめ

 

ということで、耐水ペーパーって何?・どこで売ってるの?・目の粗さの選び方は?という内容に加え、日常生活では、ほぼ無意味な雑学的な豆知識という構成が書いてみました。

これで、ホームセンターに行っても迷わず、お目当ての耐水ペーパーを選ぶ事ができると思います。

少しでも、皆さんの知識のお役に立てたら、幸せです。

今回も、こんな感じで終了です。

 

LIKE A ROLLING WHEEL HOMEへ戻る

-車とバイクのDIY
-,