車を売る時に必要な書類_アイキャッチ

車を売る時に必要な書類

車を売却する時は、売却先に提出しなければならない書類があります。

名義変更などの手続きに必要な書類になりますので、不備の無いように準備しましょう。役所に行って入手しなければならないものもあります。時間には余裕を持っておきましょう。

普通自動車と軽自動車では、必要な書類が違います。詳しくは下のボタンから、必要書類一覧に飛ぶことができます。

車を売る時に必要な書類_普通自動車
車を売る時に必要な書類_軽自動車

人によっては、通常のもの以外にも、必要な書類がある場合がありますので、合わせて確認してください。また、紛失してしまった際の再発行の方法も記載していますので参考にしてください。

普通自動車を売る時に必要な書類

普通自動車のイメージ

必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書(2~3通)
  • 譲渡証明書
  • 委任状

車検証自賠責保険証リサイクル券は、車検証入れに一緒に入っているかと思います。

リサイクル券は、車を廃車にした際に発生する処理費用を預託したという証明書で、預託済みの場合のみ発行されます。現在では、ほぼ全ての車が預託済みとなっていると思います。

自動車納税証明書は、 自動車税を支払った証明書で、コンビニや銀行などで支払った場合は、半券のような紙が渡されます。この紙が必要となります。ただ、ヤフー公金支払いなどを利用した場合、発行されない事もあります。業者側で簡単に発行できますので、最近は必須というわけでもないようです。

印鑑登録証明書(印鑑証明)は、 通常は2通、買い取り業者によっては3通必要になります。印鑑証明に有効期限はないですが、発行から3か月以内であることが求められる業者が多いです。有効期限の設定は、買取業者に確認してください。

譲渡証明書・委任状は、買取業者が用意してくれます。住所・氏名などを記載後、押印をすれば大丈夫です。事前に用意しておく必要はありません。

譲渡証明書は、買取業者に所有権を移管させたという証明書で、委任状は、名義変更手続きを買取業者に委任するためのものです。

以上が、通常、普通自動車を売却するのに必要な書類です。

※車検証に記載の住所から変更があった場合、結婚などで氏名が変わった場合は別途必要になる書類があるので確認が必要です。また書類を紛失してしまったら再発行が必要です。

その他に、買取の場合、入金用に銀行名・支店名・口座番号などの口座情報が必要となります。

軽自動車を売る時に必要な書類

軽自動車のイメージ

必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 認印

車検証自賠責保険証リサイクル券は、車検証入れに一 緒に入っているかと思います。

リサイクル券は、車を廃車にした際に発生する処理費用を預託したという証明書で、預託済みの場合のみ発行されます。現在では、ほぼ全ての車が預託済みとなっていると思います。

自動車納税証明書は、 軽自動車税を支払った証明書で、コンビニや銀行などで支払った場合は、半券のような紙が渡されます。この紙が必要となります。ただ、ヤフー公金支払いなどを利用した場合、発行されない事もあります。業者側で簡単に発行できますので、最近は必須というわけでもないようです。

軽自動車の売却の場合、実印・印鑑証明は不要です。認印があれば問題ありません。

また、普通自動車と比較して手続きも簡略化される事から、譲渡証明書・委任状も不要です。

以上が、通常、軽自動車を売却するのに必要な書類です。

車検証に記載の住所から変更があった場合、結婚などで氏名が変わった場合は別途必要になる書類があるので確認が必要です。また書類を紛失してしまったら再発行が必要です。

その他に、買取の場合、入金用に銀行名・支店名・口座番号などの口座情報が必要となります。

場合によって必要な書類

引っ越しした場合と氏名が変更された場合

通常必要な書類に加えて下記の場合は、追加の書類が必要となります。

車検証の住所と現住所が違っている場合

  • 車検証の住所から1回だけ引っ越し⇒住民票
  • 車検証の住所から複数回引っ越し⇒住民票の附票

車検証に記載の住所から、1回だけ引っ越している場合は、住民票が必要です。住民票には、1つ前の住所も記載されてるので、車検証に記載の住所と現住所の関係性が証明されます。

車検証に記載の住所から、複数回引っ越している場合は、住民票の附票が必要です。住民票の附票は、今までの引っ越し履歴が記載されているので、車検証に記載の住所から現住所までの変遷を辿って証明する事ができます。

住民票・住民票の附票ともに、各都道府県の役所か、使用には条件がありますが、コンビニでも入手できる場合があります。

所有者の氏名が変わっている場合

結婚などで、氏名が変わっている場合は、戸籍謄本が必要になります。

戸籍謄本は、家族全員の全部事項証明書ではなく、所有者個人の戸籍抄本(戸籍個人事項証明書)で問題ありません。

戸籍謄本は、 各都道府県の役所か、使用には条件がありますが、コンビニでも入手できる場合があります。

必要書類を紛失してしまった場合

書類を紛失しても再発行できる

必要書類をなくしてしまった場合、再発行または、代替え書類を入手できます。

  • 車検証(普通自動車)⇒管轄の運輸支局で申請し再発行してもらいます。
  • 車検証(軽自動車)⇒管轄の軽自動車検査協会で申請し再発行してもらいます。
  • 自賠責保険証⇒加入した保険会社に連絡して再発行してもらいます。
  • リサイクル券⇒基本的に再発行はできませんが、リサイクルシステムのホームページで【自動車リサイクル料金の預託状況】を印刷すれば、代替えとして使用できます。
  • 自動車税納税証明書(普通自動車)⇒各都道府県の税事務所で申請し再発行してもらいます。
  • 自動車税納税証明書(軽自動車)⇒各市区役所にて申請し再発行してもらいます。

まとめ

車を売る時に、必要な書類は、このような感じになります。

書類を用意する事が基本で、記入が必要なのは、譲渡証明書と委任状くらいです。

譲渡証明書や委任状には、車名・型式・車体番号・原動機の型式を書く部分もありますが、業者に買い取ってもらう場合、名前・住所・印のみで、他は書いてくれると思います。

その他に、買取業者独自の書式で、譲渡確認書のような、契約書がある場合があります。

これは、契約解除や、車両の瑕疵が発見された場合などの確認を行うためのものとなります。内容をよく確認してサインをすればOKです。

車を売るのに、難しい書類はありません。

以上、車を売るのに必要な書類の説明でした。

LIKE A ROLLING WHEEL HOMEへ戻る

-車の売り方